砂町銀座はた耳鼻咽喉科│医療連携│

050-5533-3183

03-5634-3387お問合せ:03-5634-3387

  日祝
9:30-
12:30
× ×
15:00-
18:30
× × ×

休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日

WEB順番予約WEB順番予約

医療連携

MENU
  • 初めての方へ初めての方へ
  • WEB順番予約WEB順番予約
  • 診療内容診療内容
  • facebook
  • 鼻水吸引ドットコム
  • 花粉飛散情報はこちら
  • 江東区ドクターズインタビュー
  • 江東区ドクターズ患者様の声
  • 江東区ドクターズ 駅から動画
診療カレンダー
12月
26
診 療
27
診 療
28
休 診
29
診 療
30
診 療
01
午後休
02
休 診
03
診 療
04
診 療
05
休 診
06
診 療
07
診 療
08
午後休
09
休 診
10
診 療
11
診 療
12
休 診
13
診 療
14
診 療
15
午後休
16
休 診
17
診 療
18
診 療
19
休 診
20
診 療
21
診 療
22
午後休
23
祝日
24
祝日
25
診 療
26
休 診
27
診 療
28
診 療
29
午後休
30
休 診
31
休 診
01
祝日
02
休 診
03
休 診
04
休 診
05
休 診
06
休 診
1月
31
休 診
01
祝日
02
休 診
03
休 診
04
休 診
05
休 診
06
休 診
07
診 療
08
診 療
09
休 診
10
診 療
11
診 療
12
午後休
13
休 診
14
祝日
15
診 療
16
休 診
17
診 療
18
診 療
19
午後休
20
休 診
21
診 療
22
診 療
23
休 診
24
診 療
25
診 療
26
午後休
27
休 診
28
診 療
29
診 療
30
休 診
31
診 療
01
診 療
02
午後休
03
休 診

地域医療連携について

イメージ

地域医療連携とは、厚生労働省が推奨する事業で、地域の医療機関が自らの施設の実情や、地域の医療状況に応じて、医療の機能分担や専門化を進め、地域の医療機関全てが相互に円滑な連携を図り、それぞれの有する機能を有効活用することにより、患者さんが地域で継続性のある適切な医療を受けられるようにするものです。
つまり、一つの病院やクリニックがすべての医療機能を提供するのではなく、それぞれの医療機関に特有の機能を十分に発揮し、紹介や逆紹介、医療機器の共同利用など、その役割を分担していこうというシステムです。
そして、一次診療については原則として地域の「かかりつけ医*」を受診し、必要に応じてかかりつけ医からの紹介で高次施設を受診する病診連携が進められています。

*「かかりつけ医」とは

患者さんの普段の健康管理をしてくれる身近な医師で、診察のほか健康相談や指導を含めて、様々な問題について気軽に相談することのできる医師のことです。入院治療や専門的な検査が必要な場合には、診療所から病院に患者さんを紹介することで、必要な医療がスムーズに受けられますし、紹介状を持参すれば「初診時選定療養費」が不要になります。お近くの診療所から、ご自分に合う医師を選んで、「かかりつけ医」となさるようお勧めいたします。

当院の進める医療連携について

地域医療連携を有機的に機能させるためには、かかりつけ医と高次施設、互いの医療機関が書面のみのやりとりに終始することなく、積極的にコミュニケーションを持つことが重要であると、当院では考えております。
特に院長が順天堂東京江東高齢者医療センターの耳鼻咽喉科・科長として従事した経験から、同センターとは密に連絡を取り、より効率的な医療連携を推進して参ります。
また、同センターでの週1度の外来を継続して参りますので、患者様の状況によっては、院長自らが同センターの施設を用いて診療を行う場合があります。この時は、高次施設における受け入れが極めてスムーズに行われるため、医療の継続性を患者様にもたらすことが可能です。

かかりつけ医から高次施設にご紹介するケース

  • 精査
  • 入院加療の依頼
  • 手術の依頼
  • 緊急搬送
  • 減感作療法など、当院では施行していない治療を行う場合
  • アレルギー性鼻炎に対するレーザー焼灼術
  • 平衡機能に関する精密検査(MRI、電気眼振図)
  • 夜間睡眠時ポリソムノグラフィーの検査依頼
  • セカンドオピニオン

高次施設からかかりつけ医に依頼のくるケース

  • 病状が安定した際の投薬加療、経過観察
  • レーザー手術の術後管理
  • ポリソムノグラフィーの結果に基づくCPAP導入
pagetop